星綵Project vol.2 #ほしづな

こんばんはー!

1月26日、27日にパフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』にて開催されました星綵Project vol.2に全通してまいりました!

昨年の初回公演時はまだ川上さんのファンではなかったこともあり、初めての星綵でした!何度もStoryJukeBox(以下SJB)でお話をされるものですから早く聴きに行きたいとうずうずしていました。

26日昼の星

今回は開場5分前という自分にしては中々ちょうどいい時間に到着いたしました。入場は先頭で、最前のセンターを陣取りました。以降全公演を同じ席で観劇します。

26日昼の星はてんびん座「リベラ」と新作のやぎ座「カプリコーン」。川上さんの衣装はリベラ仕様のものでした。

てんびん座は途中まで少々辛い部分が続くためか時間よりも長く感じてしまいました。リベラちゃんは大人っぽい少女といいますか、規律を守る少々厳しい優等生という雰囲気が出ていつつ、川上さんの出される声の中ではまだ完全に大人の女性(それこそやぎ座のオリビアのような)というわけではない声でよかったですね。

やぎ座は途中でその意味に意図的に気付かされた上で聴き進められるお話で良かったですね。ご自分でも後におっしゃっていましたが川上さんはあまり歌うタイプの声優さんではないので今回のように劇中でオリビアが歌うのが新鮮に感じました。特に3曲目、ソニアについて歌っている部分のセリフパートにディズニー感があって好きでした。

26日夜の星

26日夜の星はさそり座「スコープ」とやぎ座「カプリコーン」。川上さんの衣装はスコープ仕様のものでした。

さそり座は序盤でスコープちゃんについて語られた時点で罰が当たりそうだなとは思っていたのですが、反省するトリガーになるのが自分が退屈させられることよりも、心を通わせあった友人が自分のせいで悲惨な目に遭ってしまった(少なくとも本人は否定していましたが)という部分が、やりたいようにやっていただけで邪気はないんだなと言うのを感じさせて、良かったです。

昼の星の時点でカプリコーンちゃんの声が可愛いなと思っていたら、スコープちゃんがもっと可愛かったのでどう言うか迷いましたが、二回目のやぎ座を聞いてカプリコーンちゃんの声で可愛いポイントが「~ですけどね」「~でしょうか」などの語尾のところの最後の一音だなと気付きました。

一方でスコープちゃんのセリフでは「バレてはないようね」「あきれた」あたりがものすごく可愛かったです。全体的に無邪気な感じで可愛らしかったですね。

また、夜の星の公演後には音楽担当の篠崎 央彡さんと共にこの公演への想いなどを語ってくださいました。

イントロなしの劇中歌があることが、川上さんがそもそも歌を歌う機会の多くない役者さんだという観点からも心配されていました。

「歌うように」「〜しながら歌った」と台本にあったため驚いたとのこと。仮録音では「とりあえず歌わないでもいいから」と言われ、歌わずに普通のお芝居で録った川上さんですが、もし何かあったとしても酔っ払いだから大丈夫だろうと思うことにしていたそう。但しミュージカルになりすぎないよう、あくまで朗読劇であるようにしたとのことです。

次回のE☆2は2月。この星綵のイメージを持ったままおひつじ座を見ることができるのではとお話ししてらっしゃいました。

星座少女は自分の星座であるみずがめ座を優遇しないように最後にしているが、お友達にみずがめ座が多く、まだかとよく催促されるそうです。

E☆2ではやぎ座よりいて座の方が公開が早かったものの、カプリコーンちゃんの青い色のイメージから、この季節にやっておこうという話になったとのこと。(但しいて座の篠崎さんは少々しょんぼりしまったそう)

BGMが豪華な生演奏なのでサントラなども良いヘッドホンやスピーカーで聴いてほしいとのこと。絵空箱では綺麗に聴こえるのでぜひ残りの公演も楽しんでほしい(篠崎さん曰く「ただスピーカーを吊っただけで音が流れるわけじゃないんだよ!」)とおっしゃっていました。

舞台美術についてもお話しされており、写真左側の月は夏にシン・ゴジラを流しながら作っていたそうです。
また、舞台上にたくさん置かれた風船は川上さんと女性スタッフの計2人で手動で膨らませたそうなのですが、川上さんは押さえる力がそれほど強くなく、空気を入れたそばから抜けていってしまったとのこと。

そんなこんなで、初星綵の楽しい1日目は終わりました。

27日昼の星

27日昼の星はてんびん座「リベラ」とやぎ座「カプリコーン」。川上さんの衣装はカプリコーン仕様のものでした。

昨日は少々辛いと表現してしまったてんびん座ですが、どんなことが起こるか把握してから改めて聞いてみるとそんなことはなく、今回は長く感じることもありませんでした。マリーがショールをリベラに見せるシーンのBGMがリベラの歌の音になっていて何度見ても新しい発見がある、楽しめるなと思いました。

一方やぎ座の方では、昨晩の裏話を聴いたうえでまた一層楽しむことができました。こちらでも、カプリコーンがソニアを水面に映し出すところでオリビアの歌の音が使われており、びっくりしました。

また、受け手側の感じ方だけならず作り手側も回を重ねるごとに改良を加えてくださっていました。例えば舞台上部に電飾が追加されていたり、台本のバージョン違いにより表記ゆれのあったスクリーンの文章が修正されていたりと、舞台はさらに進化を遂げていました。

2日目、1月27日は川上さんのお誕生日!フォトロケーションが誕生日仕様になっていました。

27日夜の星

そして千穐楽。27日夜の星はやぎ座「カプリコーン」とお誕生日の特別プログラムの二本立てになっていました。

まず入場後、これまでの公演では椅子の上に今回の公演のチラシ、物販での購入シート、アンケートの三枚がありましたがそれに加えてSJB公開収録でのお便りと、ビンゴ大会用のビンゴシートの2枚が置かれていました。

川上さんの衣装はまずはカプリコーン仕様でした。

今回の星綵最後の朗読となるやぎ座でしたが、何度聞いてもやっぱりいいですね。歌はカプリコーンが一番好きです。ギターでじゃかじゃか入るところが特に好きです。最後のサビ前の静かになってからのじゃかじゃかはもうたまりませんね。

そして公演後、まずは誕生日ケーキの公開。

こちらの写真には載ってませんが32の形をした蝋燭もついていました!カプリコーンのチョコレート(?)は当日まで川上さんも知らなかったようで喜んでらっしゃいました。(ただし喜びのピークはそれを知った午前中だったとのこと)ケーキが大きかったのでチョコもだいぶ大きかったです。

そして川上さんが衣装の上に今回のTシャツを着てきたところでSJBの公開収録がスタート。今回のために集められたSJBの思い出のメールや。開演前に書いたアンケートなどが読まれました。前半と後半の間に切り分けられたケーキがみんなの手に行き渡ったのですが、流石に主役を差し置いて食べ始められないなということで待っていると、川上さんに驚かれてしまいました。みんなで乾杯をしたり、最後にお誕生日おめでとうをしたり楽しい時間でした。

公開収録終了後にはビンゴ大会が行われました。事前にスタッフやチョクメ購読者に聞かれた川上さんから連想するワードをboxの中から川上さんが引いていき、ビンゴシートにワードを書いておいた我々がビンゴを目指すという、割と難易度の高いものでした。

景品は非売品のトートバッグやサイン入りポスター、物販グッズなどがございました。

リーチすらも難しいのではという雰囲気になったのでリーチの時点でビンゴ扱いにしようかという話になり開始したところ、なんと6個目のワード「ケロンくん」でリーチになった僕が一番乗りを果たしまして、無事にTシャツと同じ柄のトートバッグをいただきました。家宝にします。

さて、川上さんが引いた連想されたワードですが、

「声優」「インコ」といったオーソドックスなものから

「天羽まどか」「ケロンくん」といった川上さんが演じられたキャラクター、

「ピンク(本人は否定されていましたが2,3枚くらい出ましたね。まどかちゃんの髪の色でしょうか。)」「黒(普段着る服で黒が多いそう)」といった色系、

「ブランコ」「星の王子様」などブランコ乗りのサンテグジュペリ関連ワードや、

「バオバブ(前の事務所)」「コナン(「好きだけど連想される!?」とおっしゃっていました。)」といったワードまで出てきました。

流石にリーチでビンゴ形式は後半リーチの人が多くなってきてやめられてしまいましたが、それでも多くの人がビンゴを出していました。

といったところでビンゴ大会も終わり、星綵vol.2も幕を閉じました。

川上さんとしては初めての公開収録、初めてのバースデーイベントですが、僕にとってはそこに初めての星綵も加わって初めて尽くしだったのでとても楽しかったです。まあ、初めてじゃなくても楽しかったと思いますけどね。次回は7月6日7日、新しくいて座を加えた星綵vol.3でまた川上さんにお会いできたらなと思います。お誕生日おめでとうございました。

追記

今回、フラスタ(スタンドではない?)をお送りするモーメントに初めて参加させていただきました。とっても可愛いですね!!!!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です